wget コマンドの基本的な使い方

wgetコマンドとは

Linuxで比較的よく使う便利なコマンドの一つです。
インターネットにアクセスできる環境であれば、インターネット上の任意のファイルを取得(get)してくることができます。

基本的な使い方

wget <URL Path>

wgetコマンドで特定URLパスにあるファイルをダウンロード(get)してきます。ダウンロードされたファイルは、カレントディレクトリに保管され、保存されたファイル名も元のままです。

ファイル名を指定する場合

wget -O filepath/filename <URL Path>

URLパスのファイルを “-O” (オー) オプションで指定したファイルパス+ファイル名で取得してくる。イメージは “名前をつけて保存”

プロキシ環境下で利用する場合

社内環境など、プロキシ配下にサーバがある場合は、プロキシを指定してあげる必要があります。最も簡単な方法は、/etc/wgetrc に下記設定を追記する方法です。

vi /etc/wgetrc ※rootの場合
vi ~/.wgetrc ※一般ユーザの場合

#Proxy settings Add@yyyymmdd
#Example http_proxy=http://192.168.1.1:8080/
http_proxy=http://プロキシサーバのIPアドレス:ポート番号/
https_proxy=http://プロキシサーバのIPアドレス:ポート番号/

認証プロキシの場合は、認証情報も設定する。

#For authentication proxy
proxy_user=ユーザ名
proxy_password=パスワード

wgetコマンド自体使えなかったとき

基本的には、デフォルトでインストールされているかと思いますが、Redhat系ならyumコマンドでインストールできると思います。

yum -y install wget

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする